top of page
アセット 2102_edited.jpg

利島村人工海浜整備工事

発注元:東京都港湾局

利島には自然の砂浜がありません。島の海岸線は玉石と呼ばれる丸い石で覆われているため、青く美しい海に囲まれているにも関わらず、海で泳ぐことは容易ではありませんでした。

「利島の子供たちに、利島の海を楽しんでもらいたい。」

関係者の思いが実を結び、毎年初夏になると同じ伊豆諸島の神津島から砂を運び、人工の砂浜を整備する工事が行われます。

毎年の工事ですが、1年も経つと前年に運び入れた砂は波にさらわれ大半が流出してしまうため、一からの工事です。

神津島から運ばれる1500立方メートルにも及ぶ砂には、大きな石が混じっていることがあるので、まずはバックホウ(ショベルカー)でふるいに掛けます。それらの石を除去したのちに、ダンプカーで何度も砂を運び入れ、重機を使って平らに敷きならしていきます。

砂浜のない利島にひと夏だけ出現する、島民が待ち望むビーチです。

bottom of page